地下空間を最大限に有効活用

現代社会になくてはならない存在のクルマ。しかし、実際に使用されている時間はその全生涯のわずか3~5%にしか過ぎないと言われています。つまり、一日のうち23時間は駐車されている計算になるのです。駐車中のクルマは何の役にも立っていないばかりか、日本のように国土が狭く地価の高い国で限りある地上スペースを駐車場で占有するのは暴挙とも言えます。地上には豊かな自然や快適な居住空間など、人々にアメニティをもたらす空間をできる限り残し、駐車場は地下に設置するのがもっとも理にかなった方法なのです。

エコパーク®は「地上に文化を、地下に機能を」というコンセプトの下、GIKENが永年にわたり培ってきた圧入技術の粋を集めて完成させた、全自動機械式の地下立体駐車場です。目的地に近接した地下空間に設置できることにより、ドア・ツー・ドアを可能とし、さらに駐車スペースをすべて地下化することから、景観との融合も実現することができました。工費や工期の点で難点のあった地下工事のマイナス面をすべて解決した、画期的な地下駐車場の誕生です。

地下空間を最大限に有効活用
第3回日本ベストパーキング賞特別賞受賞

ドア・ツー・ドアと景観との融合を実現

省スペース、コンパクト設計

1.省スペース、コンパクト設計

駐車場は、駅や商店街などの目的地に近接していることが絶対条件になります。エコパークは、20m×20mのスペースがあれば設置可能で、充分な敷地を確保できない市街地などでも運用可能なコンパクトなシステムです。


エコパーク内部

2.環境配慮のまちづくりに必須アイテム

環境意識の高まりとともに、パーク&ライドやカーシェアリングなどの試みや景観重視のまちづくりが模索され始めました。小さな入出庫ブース以外のすべてを地下に収めたエコパークは、環境や景観を重視した環境配慮設計(エコデザイン)となっています。


安全性、セキュリティとも万全

3.安全性、セキュリティとも万全

自動車の入出庫システムは、コンピュータ制御によりすべて自動化されています。またセンサーによって幾重にもチェックがなされており、安全性も折り紙つき。自動車は密閉された地下に収納されるため、盗難の心配もなくセキュリティも万全です。


驚異的な出庫スピードを実現

4.驚異的な出庫スピードを実現

自動車の入出庫はICカードを読み込ませるだけで、誰にでも簡単に扱えます。出庫待ち時間も平均25秒という驚異的なスピードを実現。出庫の際にイライラを感じることはありません。

5.ランニングコストも安く経済的

合理的な入出庫装置のメカニズムと、システムで施工する建設工法を採用したことで低コスト化を実現。無人の運転システムによりランニングコストも大幅に軽減しました。エコパークの“エコ”は、エコロジーのみならずエコノミー(経済性)の“エコ”でもあるのです。

6.実働100日間のスピード施工

杭材を圧入することで構築される連続壁を、そのまま駐輪場の耐震構造壁として使用することで短工期施工を実現しました。圧入工法は従来工法のような騒音・振動がないため、周辺環境への工事の影響もほとんどありません。

安全、急速、全自動の入出庫

入出庫操作はいたって簡単に行えます。カードを読み込ませた後、音声と表示による操作案内に従って自動車を所定の位置に停めるだけで、あとは機械が自動収納します。

入庫

出庫

圧入工法による自己完結型建設方法

エコパークは、地下構造物の常識を覆す斬新な着想から生まれました。まず専用のサイレントパイラーで円を描くように杭材を圧入した後、連続壁の内部を掘削します。次に、できあがった円筒形の地下空間に駐車機械を設置します。そして最後に、プレハブ化された入出庫ブースを設置して50台収容の地下駐車場の完成です。大型機械を搬入して道路を遮断し、長期間にわたり工事を行なう従来の建設工法からは絶対に発想し得なかった新工法です。施工機械はエコパーク専用に独自開発したもので、連続壁の建設から入出庫ブースの設置までを仮設レスでシステム施工する自己完結型の建設方法を実現しています。

施工ステップ

わずかな建設用地面積に50台を収納

地下空間を最大限に活用する全自動式駐車場のため、地上の建設用地面積わずか280m2の中に50台の自動車を収納できます。一般的な平置式駐車場と比べると、約1/4のスペースです。また、収納する自動車の寸法と台数で、M型、L型、LL型の3種類を用意しています。入出庫方向は任意に設定でき、立地条件や設置目的に適応した設計が可能です。

エコパーク®仕様  2011年11月現在

エコパーク®仕様

ECO Park 自在な用途

国立公園などの景勝地や観光地

国立公園などの景勝地や観光地①

美術館やテーマパーク、遊園地などの文化施設

美術館やテーマパーク、遊園地などの文化施設①
オークションセンター

オークションセンター

お問い合わせ

※郵便番号を入力すると、市区町村まで自動反映されます。
番地、建物名を忘れずにご入力ください。
 資料の送付を希望 担当者から連絡が欲しい 見学のお問い合わせ
 検索エンジンの検索結果 TV番組 雑誌広告 クチコミ その他