沿革

2017年(平成29年)

6月技研製作所が東京証券取引所市場第一部に上場
6月武蔵水路改築事業での「鉄道橋梁株の狭隘空間における水中鋼矢板圧入工法の開発」プロジェクトが土木学会賞「技術賞」を受賞
4月オーストラリアへサイレントパイラー(SW100 型)を初納入
1月バングラデシュODA案件にて、圧入工法による橋梁の基礎工事を着工
1月技研グループが創業50周年

2016年(平成28年)

10月サイレントパイラーF301-G1000型、F401-G1200型、F501-G1500型を開発
7月ミャンマー政府にサイレントパイラーを提供
3月シーアイテック㈱の株式を取得
2月東京都港区新橋にエコサイクル2基が竣工
2月千葉県浦安市に「関東工場」を開設
1月高知県地場産業大賞 「30周年記念特別功労賞」受賞

2015年(平成27年)

12月京都市役所前広場にエコサイクル2基が竣工
9月モバイルエコサイクルを活用したシェアサイクルシステムの実証運用を神奈川県藤沢市で開始
8月新株発行により資本金を58億4431万円に増資
5月サイレントパイラーF111を発売
1月京都駅南口駅前広場にエコサイクル3基が竣工
1月インプラント堤防が第29回高知県地場産業大賞「大賞」を受賞
1月津波実験装置「津波シミュレータ」を開発

2014年(平成26年)

12月サイレントパイラーF201を発売
11月ジャイロプレス工法の特許発明が四国地方発明表彰「高知県発明協会会長賞」を受賞
11月高知第二工場を開設
10月サイレントパイラーF111、F201の開発を発表
9月荒川区の三河島駅前にエコサイクル2基が竣工
9月サイレントパイラーが生産3000台を突破
8月サイレントパイラーF101を発売

2013年(平成25年)

11月ハット形鋼矢板900対応の複合式圧入機サイレントパイラーF301を発売
10月複合式圧入機のチャックアタッチメントが四国地方発明表彰「高知県発明協会会長賞」を受賞
9月ジャイロパイラーが第5回ものづくり日本大賞「経済産業大臣賞」を受賞
7月市場統合により東証2部上場
4月エコサイクルが「日本機械学会優秀製品賞」を受賞
3月港区六本木の三河台公園にエコサイクル1基が竣工
2月ジャイロパイラーが高知エコ産業大賞「大賞」を受賞

2012年(平成24年)

10月ジャイロパイラーの特許発明が四国地方発明表彰「文部科学大臣発明奨励賞」を受賞
8月大口径鋼管杭圧入機「ジャイロパイラーGRV2540」が完成
6月吹田市南千里に関西最大規模のエコサイクルが竣工
7月モバイルエコサイクルの新型開発試作機が完成
4月日経BP広告賞「優秀建設広告賞」を受賞
3月エコサイクルが高知エコ産業大賞「大賞」を受賞
3月GTOSSを総仕上げする「GBSプロジェクト」が始動

2011年(平成23年)

11月エコサイクルが四国地方発明表彰「発明協会会長奨励賞」を受賞
10月可搬式「モバイルエコサイクル」開発試作機完成
9月上海事務所を開設
8月ゼロパイラーJZ100Aを発売
8月サイレントパイラーECO600Sを発売
7月国土防災技術本部 復興支援室を仙台に開設
4月国土防災技術本部を新設
3月高知工科大学内のエコサイクル第1号機を最新システムに一新

2010年(平成22年)

11月硬質地盤クリア工法に使用される地盤掘削工具が四国地方発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」を受賞
6月阪急南千里駅前にエコサイクル2基が竣工
3月JR品川駅港南口にエコサイクル5基が竣工
3月JR八王子駅にエコサイクル6基が竣工
1月IPC(International Press-in Center/国際圧入センター)を東京都港区に開設

2009年(平成21年)

10月フランチャイズ型の業務提携「GTOSSメンバーシップGM1」の運用開始
5月JR千葉駅にエコサイクル2基が竣工
1月GM2認証式および第1回GM会議を開催

2008年(平成20年)

11月硬質地盤対応圧入機が四国地方発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」を受賞
8月新型エコサイクルを開発、八王子市と千葉市で受注
7月「記念の森プロジェクト」始動
6月経済産業省中小企業庁の「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
5月海外向複合式圧入機 サイレントパイラーECO700S、ECO1400Sを発売
4月硬質地盤クリア工法が「第1回地盤工学会四国支部賞」の技術開発賞を受賞
4月合弁会社「台湾技研製作所股份有限公司」を台北市に設立
4月フランチャイズ型の業務提携「GTOSSメンバーシップ GM2」の運用開始
3月和歌山県和歌山市にエコサイクル1基が竣工

2007年(平成19年)

8月エコサイクルが第2回ものづくり日本大賞「経済産業大臣賞」を受賞
7月サイレントパイラーECO400Sを発売
3月「GIKENエコプラザ大同品川ビル駐車場」が日本ベストパーキング賞「特別賞」を受賞

2006年(平成18年)

12月香川県高松市の丸亀町壱番街にエコサイクル3基が竣工
10月東京都目黒区自由が丘にエコサイクル2基が竣工
10月GIKEN AMERICA がニューオリンズにルイジアナ事務所を開設
6月東京都三鷹市にエコサイクル8基で構成された国内最大規模の機械式地下駐輪場が竣工

2005年(平成17年)

7月サイレントパイラーECO82-4C、ECO900を発売
2月サイレントパイラーECO82が第4回高知エコ産業大賞「大賞」を受賞

2004年(平成16年)

11月Pロックが第47回高知県発明くふうコンクール「高知県工業会会長賞」を受賞
8月サイレントパイラーECO82を発売
3月神奈川県海老名市にエコサイクル4基が竣工
4月パイルローラーで文部科学大臣賞「第45回創意工夫功労者表彰」を受賞
3月エコサイクルが第18回高知県地場産業大賞「大賞」を受賞
1月GIKEN AMERICA がロサンゼルス事務所を開設

2003年(平成15年)

12月東京都港区に「稼ぐ耐震構造基礎」式オフィスビルが竣工
11月ラジコンホルダーが第46回高知県発明くふうコンクール「財団法人高知県工業会長賞」を受賞
10月エコサイクルがグッドデザイン賞を受賞
10月「圧入工法新技術発表会」を江東区有明で開催
4月Pロックの考案で文部科学大臣賞「第44回創意工夫功労者表彰」を受賞
4月ユーザー総合支援システム「GTOSS(ジトス)」の運用開始

2002年(平成14年)

11月パイルローラーが第45回高知県発明くふうコンクール「高知県知事賞」を受賞
6月サイレントパイラーECO100を発売
3月硬質地盤対応圧入機の開発で第32回中堅・中小企業新機械開発賞「機械振興協会会長賞」を受賞
2月硬質地盤クリア工法が第1回高知エコ産業大賞「特別賞」を受賞

2001年(平成13年)

11月東京都世田谷区成城にエコサイクル1基が竣工
10月クランプクレーンが四国地方発明表彰「特許庁長官奨励賞」を受賞
8月ウォータージェットシステム「パイラージェット」を発売
6月GRBシステムが環境賞・優良賞を受賞
5月GIKEN SEISAKUSHO ASIA が香港事務所を開設
3月硬質地盤対応圧入機の開発で四国地域産業技術推進貢献企業等表彰「地域産業技術貢献賞」を受賞

2000年(平成12年)

12月IT化推進により営業業務をセンター化
11月ジェットノズル装置が四国地方発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」を受賞
11月ISO14001の認証を取得
10月ケーブルコネクターが第43回高知県発明くふうコンクール「高知市長賞」を受賞
8月ISO9001の認証を取得
6月東京本社を江東区有明に移転
4月GRBシステムが「日本機械学会賞(技術)」を受賞
4月サイレントパイラー及び圧入工法の開発が科学技術庁長官賞「第42回科学技術功労者」を受賞

1999年(平成11年)

12月GIKEN AMERICA CORPORATION をフロリダ州オーランドに設立
4月GIKEN EUROPE がベルリン事務所を開設
4月日経コンストラクション広告賞を受賞
3月クラッシュパイラーSC100が第13回高知県地場産業大賞「産業賞」を受賞

1998年(平成10年)

11月GIKEN SEISAKUSHO ASIA の新社屋が竣工
10月エコサイクルが第41回高知県発明くふうコンクール「高知県知事賞」を受賞
6月高知工科大学内に耐震地下駐輪場「エコサイクル」第1号機が竣工

1997年(平成9年)

10月A.P.J.システムが第40回高知県発明くふうコンクール「高知県知事賞」を受賞
8月硬質地盤対応機クラッシュパイラーSC100、広幅型鋼矢板圧入引抜機スーパーワイドSW100を発売
4月工業所有権制度活用優良企業表彰を受賞
3月サイレントパイラーが生産2,000台を達成

1996年(平成8年)

10月北村社長が県勢功労者表彰を受賞
10月エコパークが第39回高知県発明くふうコンクール「高知県知事賞」を受賞
10月ジェットパイプ取付装置が四国地方発明表彰「中小企業庁長官奨励賞」を受賞
5月(株)ジーアンドビーを設立
3月(株)エムアンドエムを設立
1月GIKEN SEISAKUSHO ASIA PTE., LTD. をシンガポールに設立

1995年(平成7年)

11月パイルレーザー2が第38回高知県発明くふうコンクール「高知市長賞」を受賞
11月新製品・新工法発表会を開催、スーパーオートSA75、SA100を発売
10月屋外作業用遮蔽装置が四国地方発明表彰「発明奨励賞」を受賞

1994年(平成6年)

12月耐震地下駐車場「エコパーク」第1号機が高知本社に完成
11月新潟出張所を開設
10月搬送装置が四国地方発明表彰「発明奨励賞」を受賞
8月(株)技研施工が江東区有明に東京営業所を新設
6月「建設の五大原則」を明文化
1月サイレントパイラーが生産1,500台を突破

1993年(平成5年)

8月「工法革命」を提起
5月(株)技研製作所が大証2部に株式を上場
1月関西工場が竣工

1992年(平成4年)

10月オートパイラーAT90、AT150がグッドデザイン賞を受賞
10月サイレントパイラーの自走技術が四国地方発明表彰「特許庁長官奨励賞」を受賞
10月東京本社を品川に新設
3月トレンチパイラーTPIIが第6回高知県地場産業大賞「奨励賞」を受賞

1991年(平成3年)

12月北村社長が日経BP社主催の「ベンチャー・オブ・ザ・イヤー」第1位に
10月クリアパイラーが四国地方発明表彰「高知県支部長賞」を受賞
10月ICカードによる自動運転機オートパイラーAT90、AT150を発売
7月GIKEN EUROPE B.V. をオランダに設立
4月(株)技研製作所が株式を店頭登録
3月吊込装置が第5回高知県地場産業大賞「大賞」を受賞

1990年(平成2年)

11月北村社長が高知県産業技術功労賞を受賞
11月サイレントパイラーが生産1,000台を突破
1月ロンドン事務所を開設

1989年(平成元年)

10月反力架台が四国地方発明表彰「発明奨励賞」を受賞
9月北海道営業所を開設

1988年(昭和63年)

10月サイレントパイラーが四国地方発明表彰「発明奨励賞」を受賞
9月トレンチパイラーTP333を発売
3月シティパイラーFT70が第2回高知県地場産業大賞(主催:高知県地場産業振興センター)「大賞」を受賞

1987年(昭和62年)

10月サイレントパイラーが生産500台を達成
7月サイレントパイラーKGK-C4型が機械工業デザイン賞「特別賞」(主催:日刊工業新聞社)を受賞
7月全国圧入協会(JPA)発足
5月シティパイラーFT70(フルターン型)を発売
5月高知本社、本社工場が竣工

1986年(昭和61年)

4月圧入工法が建設省「土木工事積算基準」に正規採用
4月スウェーデンに海外第1号機を納入

1985年(昭和60年)

11月サイレントパイラーKGK-130C4(コーナー4型)を発売
5月東京工場が竣工

1983年(昭和58年)

9月西ドイツ(当時)で初の海外工事
4月広島営業所、四国営業所を開設
4月ドイツ・ミュンヘンでの第20回国際建設機械見本市「BAUMA’83」に初出展

1982年(昭和57年)

5月サイレントパイラーKGK-130Nを発売
5月サイレントパイラーにラジオコントロールシステムを導入

1981年(昭和56年)

9月新たに(株)高知技研コンサルタントを設立
8月(株)高知技研コンサルタントを(株)技研施工に商号変更
7月名古屋営業所を開設
6月サイレントパイラーKGK-80Cを発売

1980年(昭和55年)

10月静荷重型杭打機が四国地方発明表彰「発明奨励賞」を受賞
10月福岡営業所を開設
9月仙台営業所を開設
1月サイレントパイラーの基本特許取得

1979年(昭和54年)

11月東京営業所を開設
6月全国SMP協会を発足

1978年(昭和53年)

9月大阪営業所を開設
6月サイレントパイラーKGK-100Hを発売
1月(株)技研製作所を設立

1975年(昭和50年)

7月世界初の無公害杭圧入引抜機「サイレントパイラー」第1号機が完成

1971年(昭和46年)

8月高知技研コンサルタントを株式会社に法人化

1967年(昭和42年)

1月高知技研コンサルタントを創業、土木事業を開始。無公害産業機械および工法の研究に着手