代表メッセージ

当社は1967年、「公害対処企業」を掲げる土木会社として産声を上げました。1975年には世界に先駆けて「圧入原理」を実用化した杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を発明。建設公害の元凶と言われた杭打ち工事による振動、騒音問題を解決するとともに、圧入業界を創出しました。以降、“自流独創”を貫く開発型企業として、以前は考えられなかった合理的な新工法、新技術を次々に生み出し続けています。

圧入技術が提供する価値は工事の無公害化だけではありません。“仮設レス施工”を通じたCOの削減、省人化、工期と工費の縮減、高い安全性、高い施工精度――。圧入が持つ圧倒的な原理的優位性は、前例主義に基づく非効率で無駄の多い「旧態建設業界」を科学に基づいた合理的な「新生建設業界」に転換します。その実践と拡大が私たちの使命である「工法革命」です。

国民の生命と財産を守り、文化生活を向上させる建設工事は本来、誰もが納得できる工法によって、納得できる構造物が造られなくてはなりません。そこで私たちは、国民の視点に立った建設工事のあるべき姿を実現する工法要件を「環境性」「安全性」「急速性」「経済性」「文化性」の5つに集約し、工法革命を具現化する工法選定基準「建設の五大原則」として定めました。「インプラント工法」で構築する「インプラント構造」をはじめ、圧入機による種々の工法とそれによって造られる構造物は、建設の五大原則を高次元で遵守します。

私たちは常に新しい工法を提唱し、世界の建設を変えています。その一例が、インプラント工法で堤体に杭材を圧入して補強する堤防「インプラント堤防」です。地震や津波、洪水にも耐えるこの堤防は、未曽有の大災害となった東日本大震災を機に注目されました。2012年には、国土交通省直轄工事である「仁ノ海岸堤防改良工事」(高知市)において、行政の前例主義を覆して採用を実現。その技術は欧米を中心に海外にも広がっており、2020年にはオランダの世界遺産「アムステルダムの運河」の護岸改修工事で採用が決まりました。

当社は常に、科学的な原理の優位性を主軸において開発をし、実践を積み重ねてきました。この実績と経験を基に近年、構造物の企画から設計、機械、部材の開発、施工、完成後の維持管理までを「トータルパッケージ」で提案できる企業体に成長しました。われわれはもはや単なる建設機械メーカーや基礎工事業者ではありません。世界の建設課題に対してソリューションを提案、提供できる「グローバルエンジニアリング企業」です。

圧入工事の施工実績は世界40以上の国と地域に広がっています。私たちが掲げる「インプラント工法で世界の建設を変える」はお題目としての経営方針ではなく、現実に国内外で同時進行しているプロジェクトそのものです。魅力的な新しい建設業界をつくり、全世界で「工法革命」を実現するべく、これからもグループ一丸となって邁進してまいります。

株式会社 技研製作所  代表取締役社長
森部慎之助