環境配慮技術

オフロード法に適合した排出ガスのクリーン化

排出ガス基準適合車

最新型圧入機の動力源であるパワーユニットは、尿素SCRシステムを搭載した新世代環境対応型エンジンを搭載し、高い環境性を実現しました。また、冷却ファン油圧駆動システムを採用し、騒音の低減と燃費の向上を実現しました。オフロード法2014年基準に適合、国土交通省 排出ガス対策型建設機械第4次基準に対応しています。


超低騒音基準をクリアした静寂性

エンジンの回転数を抑えるエコモードでは、パワーユニットから発生する音圧レベルを59dBにまで低減しています。国土交通省が定める「超低騒音基準」である66dBに対し、高いレベルで基準をクリアしています。

超低騒音基準をクリアした静寂性

生分解性油脂の標準採用

最新型の圧入機は、石油メーカーと共同開発した圧入機専用の生分解性作動油(パイラーエコオイル)とグリース(パイラーエコグリース)を標準採用しています。万が一、水中や土壌に流出しても自然界のバクテリアによって分解され、生態系に影響を与えません。

生分解性油脂の標準採用