昨年7月、ミャンマー連邦共和国向け政府開発援助(ODA)の機材調達案件として、同国政府に機材提供を行った油圧式杭圧入引抜機「サイレントパイラーF111」と、同圧入機へ杭材を搬送して建て込みを行うシステム機器「GRBシステム 」が納入され、本年5月から始まる同国チン州の道路災害復旧工事で稼働開始します。

同国初となるサイレントパイラーの稼働開始を目前に控え、同国建設省職員に対し、当社の技術者による圧入技術講習会を3週間にわたり実施しました。その中で4月5日に開催された見学会には、ミャンマー全土の建設省から派遣されたエンジニアをはじめ、官民合わせて80人弱の参加があり、仮設工事を必要とせず、狭隘な現場でも施工可能なGRBシステムの完成度の高さに多くの賛辞が寄せられました。

5月からの工事を終えた後も「サイレントパイラーF111」および「GRBシステム機器」は、ミャンマー全土での運用が予定されています。また、各地域で同機を必要とする工事箇所の選定も進んでいることから、今後複数台の機器の投入も予想され、経済発展の著しいミャンマーでの更なる工法拡大が期待されます。

ODAによる機材供与の証、日の丸が掲げられたサイレントパイラーとGRBシステム機器

ODAによる機材供与の証、日の丸が掲げられたサイレントパイラーとGRBシステム機器

 

notice_20170419-01

40度に迫る猛暑の中、熱心に見学するエンジニア

 

お問い合わせ先:株式会社技研製作所 国際事業部
Tel. 088-846-2980

関連情報:ミャンマー政府にサイレントパイラーを提供