米NYのマンション建設に圧入工法

現地コンサルタントと結んだ協働契約が奏功

2020.9.9 ニュースリリース

株式会社技研製作所(本社:高知市、代表取締役社長:北村精男)が製造販売する杭圧入引抜機「サイレントパイラー」による圧入工法が、米ニューヨーク市の複合型マンション建設事業に採用され、工事を完了しました。本案件では、当社のグループ企業・Giken America Corporation(本社:ニューヨーク市、社長:アンソニー・バートラムス/以下、技研アメリカ)と協働契約を結ぶ建設コンサルタントのMRCE社(本社:ニューヨーク市)が設計を担いました。MRCE社との協働により、米国内における圧入技術の認知と工法普及は着実に進んでいます。

GKN20NW017JA-01

■工事内容
建設中の建物は1階部分が商業施設となっている地上13階、地下1階建ての複合型マンション。圧入工法が採用された工事は地下室を建設するために土留め壁を構築するものです。サイレントパイラーF401-1400による単独圧入で長さ15.2mのZ形鋼矢板190枚を圧入し、延長133mの土留め壁を構築しました。

※ 地盤を掘削する際に、周囲から土砂が崩れてくるの を防ぐために設ける壁のこと。

■採用理由
現場は住宅街の中に位置している上、近くに地下鉄が通っています。住民や鉄道への影響を避ける観点から、無振動、無騒音で施工できる圧入工法が評価され、採用に至りました。


■今後の期待
技研アメリカは2018年9月、MRCE社と圧入技術の普及拡大に向けた協働契約を結びました。同社は100年以上の歴史を誇る権威あるコンサルタントです。両社の協働で圧入工法が米国で採用されたのは本件で2例目となります。直近1年間に技研アメリカに寄せられた圧入技術に関する問い合わせは、MRCE社と契約を結ぶ前に比べて約3倍に増えるなど、協働は確実に効果を上げています。技研グループは引き続き、MRCE社などとの連携を通じて米国内での工法普及に尽力していきます。

工事概要

工事名1998 2nd Avenue (1998 セカンドアベニュー)
工事場所Manhattan, New York (ニューヨーク市マンハッタン区)
発注者Second and 103, LLC (セカンドアンド103)
元請業者Simpson & Brown, Inc.(シンプソンアンドブラウン社)
施工者Simpson & Brown, Inc.(シンプソンアンドブラウン社)
使用機材サイレントパイラーⓇ F401-1400(技研アメリカがレンタル提供)
杭材型式・寸法Z 形鋼矢板 AZ19-700, 50 ft (15.2m), 95 ペア(190 枚)
圧入工工期2020年6月23日から7月16日

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 技研製作所 経営戦略部 情報企画課
高知本社/高知県高知市布師田3948番地1
TEL:088-846-6783(平日8001700

印刷用PDFはこちら
GKN20NW017JA