新型コロナウイルスに対する取組み

Our Approach to the COVID-19

事業活動の継続と従業員への安心・安全な職場環境の提供のため、2020年2月に危機管理対策本部を設置し、以降継続して新型コロナウイルス感染症への対応を実施しています。

新型コロナウイルス ワクチン職域接種実施

技研グループでは、年齢を問わず従業員全員が一定のスピードで接種を受けることができる職域接種に参加しました。この取組みにより、テレワーク勤務が困難な現場・工場勤務の従業員でも安心して業務を遂行できています。各拠点で下記のとおりワクチン接種を実施し、2021年8月末時点で、希望する社員のほとんどが2回の接種を終了しました。

接種会場の様子(技研製作所高知本社)

接種会場の様子(技研製作所高知本社)

ワクチン接種の様子

ワクチン接種の様子

高知
高知機械工業団地主催の職域接種が2021年7月から開始され、当社は接種会場の提供と運営の協力を行いました。職域接種全体で約1,200名の接種を完了しています。
・接種会場:技研製作所高知本社
・接種対象:高知機械工業団地従業員(協力会社含む)と従業員家族(12歳以上)および近隣企業の従業員
・実施期間:2021年7月6日~2021年10月7日

東京
産業医のご紹介により他社主催の職域接種に参加し、技研グループ従業員の希望者126名が接種しました。

高知・東京エリア以外の従業員への対応
接種会場から遠方の営業所に勤務する従業員にも募集をかけ、希望者は高知または東京における職域接種に参加可能とし、その際の交通費は全額会社負担としました。
対象事業所:北海道営業所、東北営業所(宮城)、関西工場(兵庫)、関西営業所(大阪)、九州営業所(福岡)

新型コロナワクチン接種休暇制度の導入

全国的に展開されている新型コロナワクチンを従業員やその家族が安心して接種できるよう、新型コロナワクチン接種休暇(特別休暇)制度を導入しました。

従業員本人のために
・就業時間内でのワクチン接種可能
・ワクチン接種後、副反応により体調不良が生じた場合、特別休暇を付与 (1回につき1日)

従業員のご家族のために
・ワクチン接種後、副反応により介護が必要となった場合、社員に特別休暇を付与 (1回につき1日)


テレワーク(在宅勤務)・在宅勤務手当の導入

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、2020年3月よりテレワーク勤務を導入しました。

当初は感染症拡大への対応策としての暫定的なものでしたが、終息後も新しい働き方として継続することを決定。2020年9月に制度化し、在宅勤務手当も新設しました。

テレワーク手当
2020年6月、グループの全従業員に一律 30,000円を支給(契約社員、アルバイト従業員含む)
詳細はこちら:https://www.giken.com/ja/news/release/gkn20nw007ja/

在宅勤務手当
在宅勤務をした日数に応じ、6,000円/月を上限に支給
詳細はこちら:https://www.giken.com/ja/news/release/gkn20nw018ja/

出張者、転勤者に対する抗原検査の実施

新型コロナウイルスの感染防止策のひとつとして、不要不急の出張は自粛しオンラインでの面談を実施していますが、現場従事や販売推進活動など業務上必要な出張を行う場合があります。

「感染しない」「持ち込まない」「濃厚接触者をつくらない」ため、5日以上の連続出張を行う全社員を対象に抗原検査キットを支給し、出張業務終了後の実施を義務付けています。また、転勤者に対しても同様に、移動前の検査を実施しています。


その他、集団感染予防のための取組み

体温計・消毒用アルコールの設置

全国共通
・感染防止策の徹底を社員へ通知
・毎日の検温実施、発熱状況の管理
・飛沫防止パーテーション、消毒用アルコールの設置
・感染拡大地域での完全テレワーク実施
・休憩時間(昼休み)の時差取得
・リモート会議の推進と定着
・社内イベントのオンライン開催

東京エリア
・緊急事態宣言下の完全テレワーク実施
・時差出勤の実施

高知本社
・高知本社事務所においてテレワークにより出社率 最大9割減を達成
・海外子会社、事業所への継続的な新型コロナウイルス対策国別情報の配信

海外子会社、事業所における取組み

海外子会社、事業所においても感染症対策を実施しており、基本的な感染対策(マスク着用、手指消毒、スタッフへの感染防止策周知)のほか、次のような取組みを行っています。

株式会社 技研製作所

上海事務所(中国)
・地域感染情報の取得と迅速な周知
・中、高リスク地域への出張を自粛

Giken Europe B.V.

アルメーレ本社(オランダ)、ベルリン事務所(ドイツ)
・テレワークの実施
・抗原検査キットによる自主検査の実施
・間隔を確保しスタッフを配置
・事務所スタッフのシフト制勤務を導入(本社のみ)

間隔を空けたデスクレイアウト(オランダ)

Giken Seisakusho Asia Pte., Ltd.

シンガポール本社
・原則テレワークの実施
・出社人数の制限(5名以下)および時差出勤の実施
・抗原検査キットによる自主検査の実施(週1回、政府推奨)

<政府により義務化されている感染対策の実施>
・現場従事者のPCR検査実施(2週間に1回)
・オフィス入退室時のセーフエントリー実施  (セーフエントリー:訪問場所を追跡するためのシステム)

外出時、駅での手指消毒(タイ)

タイ駐在員事務所
・テレワークの実施
・基本的な感染対策の徹底
・毎日の検温実施


Giken America Corporation

ニューヨーク本社、オーランド事務所(アメリカ)
・テレワークの実施
・事務所ビル入館時の体温チェック(本社のみ)

ビルディング玄関の検温システム(ニューヨーク)

J Steel Group Pty Limited

シドニー本社(オーストラリア)
・テレワークの実施
・事務所内各部屋ごとの最大入室人数を設定

<州政府により義務化されている感染対策の実施>
・オフィス入退室時、QRコードによる記録を実施
(感染の可能性がある人を迅速に特定するためのシステム)

会議室の人数制限を示すサイン(オーストラリア)