健康経営

Health and Productivity Management

健康経営宣言

「社員が心身ともに健康でベストパフォーマンスを発揮できる企業に」

健康経営理念

社員一人ひとりの健康意識の向上を目指します!
社員が元気に働くための職場環境の整備を推進します!

GIKENグループの健康経営

日々変化する社会情勢に適応しながら成長し続けるには、社員一人ひとりが健康で、いきいきと仕事ができる職場作りが欠かせません。加えて、職場の生産性向上と社員のワークインライフ実現とをうまく両立させることも企業にとっては重要であると考えます。
GIKENグループでは、「健康経営宣言」と「健康経営理念」を掲げ、社員の健康保持増進とワークインライフ実現に向け、様々な取組みを行っています。

健康経営推進体制

代表取締役社長が健康経営責任者となり、健康経営推進責任者の指揮のもと、総務部を中心に、安全衛生委員会や産業医、健康保険組合、健康経営プロジェクトチームと連携し、社員の健康保持推進とワークインライフ実現に向け、様々な取組みを行っています。

当社の健康経営戦略マップ

当社の健康課題を特定し、健康の保持・増進に対して取組むことを目的として戦略マップを作成しています。

主な取組み内容

健康意識向上のための取組み

定期健康診断の受診
健診後の二次検査受診指導および初回費用負担
産業医の定期的な回診
全社員のストレスチェックの実施
▸身体の健康やメンタルヘルスの相談窓口の設置
インフルエンザ予防接種の推進
感染症に対する注意喚起および対策の実施
▸健康に関する各種WEBセミナーの開催(2022年度:3回)

職場環境整備のための取組み

▸ノー残業デーの設定と定時退社の促進
積極的な有給休暇の取得を推進
毎日、始業時のラジオ体操
社内分煙の設備
自動販売機へのカロリー表示
社内部活動の活動支援

当社の健康経営の取り組みが紹介されました。

2022.9.30
サントリーウエルネス Online「企業が進める健康への取り組みを聞いてみました」

健康づくりへの意識

GIKENグループは、協会けんぽ高知支部と高知県が推進する、健康経営『高知家』プロジェクトに参加しています。社員が心身ともに健康で働き続けることができる事業所を目指し、健康経営に取り組むことを宣言します。

協会けんぽへの『健康企業宣言』宣言証

 

※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。