ウォータージェット併用圧入

ウォータージェット併用圧入

ウォータージェット併用圧入

砂質地盤へ杭や矢板を圧入する場合、ウォータージェットを併用することで貫入抵抗力を効果的に低減できます。杭先端近傍に取り付けたジェットノズルから、必要に応じて高圧水を地中に噴出することで、土粒子間の間隙水圧を一時的に高め、土粒子が移動しやすい状態を作り出します。また、地上に湧きあがろうとする噴流水で杭の周面を潤滑させながら、継手部に侵入した土石の締め固まりを防ぎます。所定の深度に達したらジェットノズルとジェットホースを回収します。


ウォータージェット併用圧入のメカニズム
優位性

貫入抵抗力を低減することで小さな力で圧入できるため杭の損傷を防止できます。また、施工状況に応じて噴流水の量を自在に調整できるため、地盤への影響を最小限に抑えることができます。圧入工法では、すでに施工が完了した完成杭を反力とするため、ウォータジェットを併用して圧入された杭の周面摩擦抵抗力が、施工直後に十分回復していることを確認できます。