オランダ世界遺産PJで合弁会社設立

技研ヨーロッパなど3社。実証施工は2022年スタート予定

2021.7.5 ニュースリリース

株式会社技研製作所(本社:高知市、代表取締役社長:森部慎之助)のグループ企業・技研ヨーロッパ(本社:オランダ、社長:同)が、圧入技術を核に進行するオランダの世界遺産「アムステルダムの環状運河地域」の護岸改修にかかる新技術開発プロジェクトで、協働する現地建設会社のデ・コーニング社、ヴァン・ゲルダ―社と合弁会社「G-Kracht B.V.(ジークラフト ビー・ブィ)」を設立しました。合弁会社は今後、プロジェクトを進めるにあたり発注者であるアムステルダム市との契約主体となります。

プロジェクトは現在、護岸構造の基本設計を終え、実証施工の詳細設計や各種モニタリング計画の策定を行うフェーズに移行しています。コロナ禍の影響もありましたが、2022年1月にも実証施工(パイロット施工)をスタートする予定です。

本案件は、実証施工後、8年間の「商業化フェーズ」を経て標準工法に採用される大型プロジェクトで、その先も継続的な工事受注を見込んでいます。当社はプロジェクトを通じて圧入技術の優位性とグローバルエンジニアリング企業としてのプレゼンスを世界に発信するべく、引き続き技研ヨーロッパや協働企業と密に連携していきます。

※商業化フェーズでは、プロジェクトで開発した革新技術を用いる工事について、開発を担ったグループが独占的に受注できます。実証施工を完了したグループには、8年間で計3,300m区間の工事受注が保証されます。実証施工には、プロジェクトの審査で最高評価を受けたG-Kracht B.V.以外に2グループが参加します。プロジェクトやその背景、アムステルダム市との連携協定については過去のニュースリリース(GKN20NW006JA)もご覧ください。G-Krachtのウエブサイト(https://www.g-kracht.nu/en/)でも紹介しています。

■プロジェクト詳細
アムステルダム市が管轄する約600kmの護岸のうち、200km区間で対策が必要とされています。
G-Kracht は2020年5月、同市が公募した護岸改修にかかる新技術開発連携の審査において、世界から応募のあった16グループの中で圧倒的な最高評価を受け、市と連携協定を結びました。詳細設計や現地仕様の機械開発を経て実証施工がスタートします。
実証施工では、「ジャイロプレス工法」と仮設レス施工を実現する「GRBシステム」で208m 区間に鋼管杭約280本を圧入して既存護岸を強化します。実証施工後、商業化フェーズを経て、アムステルダム運河の改修工事における標準工法の一つに採択されます。標準工法となることでG-Kracht B.V. による独占的受注は終わりますが、施工には当社の圧入機やシステム機器が必要となるため、機械販売やレンタルの拡大、工法普及が大きく期待できます。商業化フェーズ後も改修が進められる予定となっており、多年にわたり継続的な収益確保が見込まれています。

■プロジェクトスケジュール

■今後の期待
オランダでは本件以外にもデルタプログラムに基づく大型案件などが計画されており、技研ヨーロッパはそちらに対しても積極的な提案活動を展開しています。当グループは世界が注目する本プロジェクトを足掛かりに、海外の大型案件、重要案件においてさらなる工法採用を実現していきます。

※ オランダでの持続可能な洪水リスク管理などを目的とするプログラム。2032 年までに堤防補強工事などに年平均約13億ユーロの投資が予定されています。

■合弁会社の概要
会社名:G-Kracht B.V.
所在地:オランダ・南ホラント州パーペンドレヒト
設立日:2021年4月30日
目 的:運河改修プロジェクトの推進
出資金:1,020,000 ユーロを予定(3社で3分の1ずつ出資)

■デ・コーニング社概要
所在地: Scheepvaartweg 1, 3356LL, Papendrecht, the Netherlands
設立年月日: 1978 年9 月25 日
従業員数 : 52 名
事業内容 : 建築・一般建設業

■ヴァン・ゲルダ―社概要
所在地 : J.P. Broekhovenstraat 36, 8081HC Elburg, the Netherlands
設立年月日: 1989 年3月17 日
従業員数 : 216 名
事業内容 : 建築・一般建設業・建築設備工事

■プロジェクトにおける3社の役割
【技研ヨーロッパ】
・プロジェクト仕様の圧入機・周辺機器の開発
・コンセプトデザインや鋼管杭の圧入に係ること
【デ・コーニング社】
・ユーロコードに照らした設計確認、付帯工事の設計施工
・G-Kracht B.V.の事務業務
【ヴァン・ゲルダー社】
・既存の舗装、下水道、ケーブル、パイプの解体
・新しい舗装、下水道、ケーブル、パイプの設置と造園

 


■技研グループ概要
「圧入原理」を世界に先駆け実用化した杭圧入引抜機「サイレントパイラー」を製造開発し、その優位性を生かしたソリューションを提案・実践しています。無振動・無騒音、省スペース・仮設レス、地震や津波、洪水に耐える粘り強いインフラの急速構築――。圧入技術が提供するオンリーワンの価値は世界の建設課題を解決しており、採用実績は40 以上の国と地域に広がっています。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社技研製作所 経営戦略部
高知本社/高知県高知市布師田3948 番地1
TEL:088-846-6783(平日8:00~17:00) 広報担当:林
東京本社/東京都江東区有明3 丁目7 番18 号 有明セントラルタワー16 階
TEL:080-3712-7614 広報担当:吉野

印刷用PDFはこちら
GKN21NW008JA