新グローバルニッチトップ企業100選に認定

「工法革命」原動力のサイレントパイラーが高評価

2020.7.9 ニュースリリース

株式会社技研製作所(本社:高知市、代表取締役社長:北村精男)が、経済産業省が公募した「新グローバルニッチトップ企業100選」(機械・加工部門)に認定されました。この制度は、世界シェアが極めて高い製品を持つ企業や世界のサプライチェーンになくてはならない企業を認定、顕彰するものです。油圧式杭圧入引抜機においてグローバル市場で9割を優に超えるシェアを持ち、誕生以来さまざまな新工法を実現、普及して世界の建設課題を解決に導いている当社の「サイレントパイラー」が評価を受けました。

■新グローバルニッチトップ企業
グローバルニッチトップ企業100選は、企業の知名度向上や海外展開の支援を目的に経済産業省が2013年度に初めて認定したものです。今回はその後の経済環境の変化を踏まえて2020年度版のグローバルニッチトップ企業として新たに選びました。選定委員(委員長=沼上幹・一橋大学理事、副学長)が競争優位性、戦略性、国際性などを評価。4部門に計249社の応募があり、113社が選定されました。うち機械・加工部門には142社の応募があり、61社が認定を受けました。

■建設の「不可能」を「可能に」
当社は1975年にサイレントパイラーを開発し、建設公害の元凶とされた杭打ち工事の振動、騒音問題を解決しました。機械は施工した杭上を自走できるため作業用仮設工事が要らず、コンパクトなことから狭隘地や頭上空間に制限のある現場でも施工可能。従来の無駄を省く建設機械として広がっています。
当社はこうした優れた特長を生かし、全ての機械装置を杭上で稼働させて“仮設レス施工”を可能にするGRBシステムや隣接建物とほぼゼロ距離で杭を圧入するゼロクリアランス工法など、かつては考えられなかった工法を数多く実現してきました。不可能を可能に変えるこの圧入機と工法の開発、提案を積み重ね、世界の建設課題に対して企画設計から維持管理まで含めたトータルソリューションを提供できるグローバルエンジニアリング企業へと成長を遂げました。

無公害杭圧入引抜機「サイレントパイラー®

■主なアピールポイント
➀競争優位性、戦略性
当社はサイレントパイラーの開発により、世界に「圧入業界」を創出しました。以来「圧入の家元」として機械、工法の普及やユーザー支援に力を入れ、業界をけん引しています。人手不足の解消や海外展開拡大を見据え、誰もが熟練工と同等以上の施工ができる機械の自動化も推し進めています。
②国際性
圧入工法の施工実績は世界40以上の国と地域に広がっています。5月にはオランダ世界遺産の運河における護岸改修の連携パートナーに選ばれるなど、着実に活躍の場を拡大しています。長期ビジョンの目標「海外売上比率を全体の7割とする」の実現に向け、ODA案件などを含めてグローバル展開を加速させています。

■コメント
当社の使命は、既成概念や前例主義が重視される旧態依然とした建設業界を変革する「工法革命」です。私たちはこれまで時代のニーズをつかんだ機械や新工法の開発、提案活動に心血を注ぎ、圧入でしか生み出せない多くの価値を具現化して世界に貢献してきました。今後も当社は、世界の建設をあるべき姿に導くグローバルエンジニアリング企業として新しい未来を描き、創り続けていきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 技研製作所 経営戦略部 情報企画課
高知本社/高知県高知市布師田3948番地1
TEL:088-846-6783(平日8001700
E-mail:info_plan@giken.com

印刷用PDFはこちら
GKN20NW011JA