鉄道・道路・橋

「インプラントハット橋梁」強靭な橋梁を仮設レス施工で急速に建設

岩盤崩落対策「インプラントウォール」

岩盤崩落対策「インプラントウォール」

災害に強い代替道路を緊急構築「レスキュー工法」

平成8年2月に発生した北海道「豊浜トンネル」の崩落事故、まだ記憶も生々しい翌年8月には同じ国道229号線の「第2白糸トンネル」で再び大規模な崩落事故が発生しました。崩れ落ちた2万m3もの岩石や土砂を撤去し、新たにトンネルをつくる復旧作業は3交替24時間体制で行われました。しかしながら開通には1年7か月間を要し、地元の人々は長い間不便を強いられ、地域経済は大きなダメージを受けました。インプラント構造なら、仮設の要らないGRBシステムで「インプラントウォール」を構築し、その上に迂回道路を造り生命線の寸断を短期間に解消できます。

(掲出:日経コンストラクション2001年10月26日号)

鉄道軌道流失対策

鉄道軌道流失対策

新規軌道を仮設なしで緊急構築「レスキュー工法」

全国の土砂災害危険箇所は、27万箇所(平成12年調査)以上あり、防災措置が施されていない危険箇所も数多く存在します。特に山間部では、大雨による鉄砲水や土砂崩れで鉄道軌道部分が流失し、線路が宙吊りになる場合も珍しくありません。こうなると復旧には膨大な日数を要し、大動脈を寸断された地域では多大な不便と経済的損失を避けられません。そこで、GRBシステムで鋼管杭を圧入して仮設なしで「インプラントウォール」を構築します。その上に軌道を復旧させ短期間で列車を通すとともに、強力な土留・止水力で地滑りを抑止し、二次災害を防ぎます。

(掲出:日経コンストラクション2001年9月28日号)

狭隘道路の拡幅

狭隘道路を拡幅し災害に強い街づくり

古い市街地や都市近郊の住宅団地等でよく見られる狭隘道路、常時の交通渋滞だけでなく災害時には避難や復旧の大きな足かせとなります。しかし、道路の両側には住宅や土手が迫り従来工法では手のつけようがありませんでした。省スペースで施工が可能なGRBシステムを用いれば、道路と住宅の間に、強靭な「インプラントウォール」による新擁壁を構築でき、道路の拡幅が可能となります。擁壁の材料には、コンクリートと鋼材を中心にしたハイブリッド材を使用します。ステンレス材や鋼材に、チタン・ウレタン・エポキシ樹脂・セラミック・石材・木材等をコーティングした材料を新開発、工場生産します。盛土材にはペットボトル・廃ウレタン・廃プラスチック等を使用して原則として土を使いません。

(掲出:日経コンストラクション 1998年12月25日号)
(掲出:土木施工2000年9月号)

デッドスペースの活用

デッドスペースの活用 1

災害に強い構造物で土地を有効活用

高速道路や鉄道には盛土工法が多く採用されていますが、構造上デッドスペースが発生します。特に都市のライフスタイルは、交通機関を中心に大きく変貌しており、限りあるスペースの有効活用は国家的使命とも言えます。そこで、一本一本の杭を連続的に設置して強靭な自立擁壁を構築し、その前面の盛土をカットして新たなスペースを創り、同時に盛土の耐震補強を実施します。既存工法では、現況の鉄道や道路等の交通システムに影響を与えずに傾斜地施工することは困難ですが、GRBシステムとインプラント構造を駆使すれば解決できます。

(掲出:日経コンストラクション1999年1月22日号)

橋梁の蘇生・補強対策

橋梁の蘇生・補強対策

場所を選ばず橋梁の防災性能を強化

橋梁は、経済や文化を結ぶ重要なライフラインです。洗屈や地震などで機能が失われると、交通網は寸断され日常生活どころか災害復旧すら困難になります。橋梁の機能蘇生や耐震補強は、既に圧入工法で多くの実績を上げていますが、資材の無駄をなくし、桁下の高さや潮の干満などに影響されない工法として、水中でも施工可能な圧入機器の開発が急がれます。

(掲出:日経コンストラクション 2000年1月28日号)

山間部での幹線道路構築

山間部での幹線道路構築

地球との接触面積を極小化した水平インプラント構造

環境と文明の共生の鍵は、自然と人工物の接触面積をいかに小さくするかにあります。街と街をつなぐ幹線道路を山間部に建設する場合、従来工法では高い圧縮強度を持つ岩盤をわざわざ破壊して、そこにコンクリート製のフーチング構造物を垂直に立ち上げます。膨大な費用と時間を費やすだけでなく、自然も景観も破壊してしまいます。そこで、岩盤に許容構造部材を水平に圧入し、その上に道路を建設する方法を提唱します。地球の強度をそのまま利用し、地球との接触面積を杭材の断面積だけに極小化することができます。さらに、その道路が不要になれば、建設時の逆工程をたどり、撤去して自然環境を復元することも可能です。

(掲出:日経コンストラクション2003年3月28日号)

橋梁構築

橋梁構築

橋梁を省スペースに仮設なしで構築

国の発展の要は交通網の整備にあります。中でも、鉄道や道路に不可欠なのが橋梁です。橋梁本来の目的である「車や列車を通す」ことから発想し、構造物の完成から逆追いしたのが「インプラントピア工法」です。橋梁のピア(橋脚)には、求められる垂直荷重と水平荷重に耐えうる構造体を工場生産して、現場で直接圧入して地球に支えてもらいます。例えば、ピアに10の力が求められれば、10の力の許容構造部材を工場生産します。10の力が大き過ぎるなら、二つに分割した5の力の構造部材を二本圧入します。一晩で築かれたという「一夜城」の逸話を聞くと、その発想と成果には驚きを禁じ得ませんが、本工法によって現代における「一夜橋」の構築は十分可能なのです。

(掲出:日経コンストラクション 2000年5月26日号)
(掲出:土木施工2001年3月号)