整備技術課

整備技術課/関西工場 2014年入社 情報技術科 卒

仕事紹介

私は現在、当社製品の保全や機械整備、ユーザー様への保全の技術指導を行うプロダクトサポート部 整備技術課 関西工場で働いています。

具体的な業務内容

主に機械整備業務に従事しています。以前は主に電装品(サイレントパイラーの送信機やラジコンホルダーなどの好条件化機器)の整備を担当していましたが、現在は電装品だけでなく機械知識や作業を習得するよう努めています。

これまでに携わったプロジェクトや印象的な業務

レンタル製品の入出庫業務や指定工場から依頼を受けた電装品の修理やユーザー様の保有機のオーバーホールです。保守業務は機械のメンテナンスや修理が主な業務なので、ユーザー様との距離が近いというメリットもあります。出張修理に伺ったときは、「機械を直してくれてありがとう」と声をかけていただくこともあり、感謝されることにこの業務にやりがいを感じました。また、当初はなかなかうまくできなかった作業が、日々の業務を通じてだんだんと上達していくことに楽しさを覚えるようになりました。

自分なりに生産性を高めるためにどうすればよいか、どのように工夫すれば時間短縮につながるかなどを常に考えながら仕事をすることで、日々の業務がさらに楽しくなり、モチベーションの向上にもつながっていきました。一人で機械整備を行うことが出来るようになり、機種についての知識も増えました。

3年目には、有明工場から関西工場に転勤し、その時から新たに電装業務にも携わるようになりました。電装品の整備に関しても、少しずつできることが増えていき、現在では、修理受注や見積作成、受入、整備、修理完了まで、全般的な業務を一人で出来るようになりました。

今後挑戦してみたいこと

今後は電装業務のチーフや電話対応等のフロント業務などにも挑戦してみたいと考えています。また、当社はグローバル化が加速しています。私自身も昨年語学研修を経験したことで、海外に対する意識が高まっています。今後は日本国内のみならず海外拠点においてもユーザー様に対する技術指導や保全業務に携わっていきたいと考えています。

※取材時点(2019年8月)での情報を記載しております