GIKENの技術力は?

Q.「圧入」とは?

A.圧入(あつにゅう)とは、既製杭(工場生産された鋼杭やコンクリート杭など)を地盤中の所定の深度まで貫入し設置する既製杭設置方法の一つで、すでに地中に押し込まれた杭/矢板を数本つかみ、その引抜抵抗力を反力として次の杭を油圧による静荷重で地中に押し込んでいく工法です。
「圧入原理と優位性」については、こちらをご覧ください。

Q.「サイレントパイラー」とはどのような機械ですか?

A.「サイレントパイラー」は、世界で初めて圧入原理を実用化した油圧式杭圧入引抜機です。
「サイレントパイラー」の特長および仕様、機種別適用杭材は、こちらをご覧ください。

Q.「サイレントパイラー」の適用杭材は?

A.「サイレントパイラー」は、鋼矢板をはじめ、鋼管杭からコンクリート杭まで豊富な種類の中から最適な杭材を選択できます。
「圧入杭材」については、こちらをご覧ください。

Q.「サイレントパイラー」はどういったところで使われていますか?

A.土の崩れを防ぐ土留め壁、水をせき止める止水壁、港湾・河川堤防強化を目的として連続壁を構築する際に使用されています。
圧入原理の優位性を基軸とした「インプラント構造」で建設業界が変革されることを確信しています。
「インプラント構造製品」についてはこちらをご覧ください。

ビデオギャラリーではインプラント構造をはじめ、様々な動画をご覧頂けます。

Q.「サイレントパイラー」による圧入と他工法との違いは?

A.既製杭専用の基礎工事機械には、当社の油圧式杭圧入引抜機「サイレントパイラー」による圧入工法の他、打撃や振動により既製杭を地盤中に設置する打込み方式や地盤を掘削して既製杭を設置する埋込み方式があります。
圧入工法であれば、無振動・無騒音で施工可能です。
圧入工法とその他の既製杭設置方法の種類については、こちらをご覧ください。

国民にとって最適な建設工法を選択するにあたり「建設の五大原則」による建設工法の科学的評価方法を公開しています。
詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

世界の杭打ち機の歴史と「サイレントパイラー」の進化、施工原理の変遷を学べる世界で唯一の博物館「世界杭打ち機博物館」が当社施設内にございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q.「サイレントパイラー」はどのように扱うのですか?

A.1本目(初期)の圧入から自走の仕組みもご覧いただけます。一連の施工工程と圧入システムについては、こちらをご覧ください。
ビデオギャラリーではサイレントパイラーの圧入工程をはじめ、様々な動画をご覧頂けます。

Q.GIKENトータルサポートシステムとは

A.圧入機のユーザーの皆さまに機械、つまりハードを提供するだけでなく、施工技術や経理、総務など圧入施工に関わる日常業務をソフト化して総合的に支援しています。
「GTOSS = GIKENトータルサポートシステム」については、こちらをご覧ください。

Q.GTOSS メンバーシップとは

A.圧入に関するGTOSS支援に加え、より高度な技術支援を受けられるフランチャイズ型の業務提携です。認証基準をクリアした「GMメンバー」は、一般化していない普及段階工法や開発段階工法についても、施工を行うための支援が受けられます。
「GTOSSメンバーシップ」については、こちらをご覧ください。