自転車を「いつでも」「どこでも」「手軽に」利用できる
スマートサイクルコミュニティを目指して

可搬式自転車駐輪システム「モバイルエコサイクル」

自転車は、エコロジー・CO2排出削減・クリーンエネルギー・健康志向など時代の先端をゆく交通手段として注目を集めています。
その自転車の利便性を最大限に高める駐輪システムがモバイルエコサイクル® です。
モバイルエコサイクルは、必要なときに必要な場所へすぐに設置でき、不要になれば簡単に撤去できる、省スペース・高収容な可搬式の駐輪システムです。

1998年、独自の圧入技術を応用した耐震地下駐輪場「エコサイクル」を商品化して以来、機械式駐輪場のパイオニアとして私たちは数多くの実績を積み重ねてきました。 そこで培ったテクノロジーをモバイルエコサイクルは継承しています。
私たちは、自転車本来のポテンシャルとモバイルエコサイクルを組み合わせ、「いつでも」「どこでも」「手軽に」自転車を利用できる、先進的でクリーンな交通文化「スマートサイクルコミュニティ」を提案しています。

自転車本来のポテンシャルとモバイルエコサイクルの組み合わせ
先進的でクリーンな交通文化「スマートサイクルコミュニティ」

画期的な可搬システムと高い収容効率
簡単・快適、ハイスピードな駐輪システム

1. 設置・撤去が容易な可搬システム

徹底した分割組み立て方式のため手順はいたってシンプル、設置は1~2日、撤去は1日で完了します。

1. トラック1台で運搬
トラック1台で運搬
2. ベースと入出庫ブースの設置 ※アンカー等は不要
MOBILE ECO Cycle ベースと入出庫ブースの設置
3. フレームパーツの組立と機械装置の設置
MOBILE ECO Cycle フレームパーツの組立と機械装置の設置
4. 外装面取付
外装面取付
2. 省スペース、高収容

46m2の敷地に58台の自転車を収容、平置き駐輪場に比べ約2.3倍の収容効率です。

MOBILE ECO Cycle 58台 省スペース・高収容
3. 簡単・高速な入出庫

入出庫はICタグ・ICカードによる簡単操作。平均出庫時間9.7秒、ラッシュ時でも利用者を待たせません。

入庫方法
MOBILE ECO Cycle 入庫方法
出庫方法
MOBILE ECO Cycle 出庫方法
4. 雨濡れ・悪戯の心配もなく安心

自転車は覆われた空間に収容されるため、雨に濡れたり、悪戯される心配もありません。

MOBILE ECO Cycle 雨濡れ・悪戯の心配もなく安心
5. 選べる認証方式

標準仕様では、ICタグとICカードによる認証方式のため、入出庫操作が簡単で、自転車の管理も容易。オプションで暗証番号方式に変更することもできます。

MOBILE ECO Cycle 選べる認証方式
6. ランニングコストが安く経済的

全自動システムによる収容・保管のため管理に手間はかかりません。1回の入出庫にかかる電気代は約0.12円*、メンテナンス作業も容易で経済的なランニングコストを実現しました。 *待機電力、基本契約料金は含まず

7. 外装面を文化的・商業的に利用可能

外装面は自由に印刷ができるため、景観に合ったデザインにすることが可能です。また、注目を集める新しいメディアとして、企業広告、観光案内としても活用できます。

MOBILE ECO Cycle 文化的・商業的な外壁面の活用

利用イメージ

駅前やバス停に
モバイルエコサイクル 駅前やバス停に

鉄道やバスなど既存の交通体系に連結する端末交通手段として、交通の要となる駅前・バス停周辺に設置。外装面をデジタルサイネージとし、新たな広告メディアとして活用することも可能。

高架下に
モバイルエコサイクル 高架下に

鉄道や高速道路などの高架下の空間に設置。デッドスペースを有効活用し、利便性が高く安全な駐輪施設を実現。

観光名所に
モバイルエコサイクル 観光名所に その1

観光名所に点在するレンタサイクルポートをモバイルエコサイクルでつなぐ。外装面は観光案内として利用。

イベント会場に
モバイルエコサイクル イベント会場に

会場内や最寄の公共交通機関への移動用レンタサイクル導入が容易。外装面はイベント告知利用。

コンビニ・スーパーに
モバイルエコサイクル コンビニ・スーパーに

コンビニ・スーパー等の店舗に併設することで、集客と利便性の相乗効果により、生活に密着した広範囲なコミュニティを形成。

商店街に
モバイルエコサイクル 商店街に

駐輪スペースの少ない商店街に省スペースで設置し、放置自転車問題を解消。

学校に
モバイルエコサイクル 学校に

キャンパス内の校舎や学生寮に併設して、広い構内の移動や通学でのシェアサイクルを促進。

公共施設に
モバイルエコサイクル 公共施設に

役所・図書館・美術館などの公共施設を、コミュニティサイクルの拠点として活用。外装面は公共広告として利用。

マンション・集合住宅に
モバイルエコサイクル マンション・集合住宅に

電動化や高級化、シェアサイクルが進む自転車を、集合住宅に付加し資産価値を向上。

工場・研究施設に
モバイルエコサイクル 工場・研究施設に

広大な敷地内の移動と通勤に自転車を利用することで、環境配慮型企業としてアピール。

再開発中の施設に
モバイルエコサイクル 再開発中の施設に

設置撤去が容易なモバイルエコサイクルを、代替駐輪スペースとして一時的に設置利用。

災害に備えて
モバイルエコサイクル 災害に備えて

鉄道や車などの交通手段が麻痺する大規模災害時に備えて、各拠点にモバイルエコサイクルを配備し、自転車を帰宅困難者の足として使用。

モバイルエコサイクル®仕様 ※1  2015年5月現在
平面図
モバイルエコサイクルの平面図
断面図
モバイルエコサイクルの断面図
諸元表
諸元表
関連情報