迷惑駐輪を解消し、人に優しく環境に配慮したまちづくり

地下駐輪場「エコサイクル」の設置イメージ

誰でも気軽に利用できる自転車。この便利な自転車がいま、健康増進効果だけでなく排気ガスを出さないエコロジーな乗り物として、にわかに脚光を浴びています。しかし、欧州の自転車先進国に比べ、日本ではまだまだ解決すべき問題が山積みです。自転車道の整備率が極めて低いだけでなく、土地が狭く地価が高いために必要な場所に適切な規模の駐輪場がつくれず、街のいたるところで自転車が迷惑駐輪されています。このような自転車は通行の妨げや景観を損なうだけでなく救急・防災活動に支障をきたし社会問題となっています。

エコサイクル®は「地上に文化を、地下に機能を」というコンセプトのもと、永年にわたり培ってきた圧入技術の粋を集めて完成させた機械式の地下駐輪場です。目的地の直近に設置することで利便性の高い駐輪場を実現するエコサイクルは、歩道や広場から駐輪自転車を一掃し地上にアメニティ溢れる文化的な空間を創り出します。

第1回JUDIパブリックデザイン賞 審査員特別賞 受賞
第2回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞 受賞
2003年度グッドデザイン賞 受賞

コンパクト設計で、人と環境に配慮した駐輪システム

1.省スペース、コンパクト設計

駐輪場は駅や商店街などの目的地に近接していることが絶対条件になります。エコサイクルは当社独自の圧入技術により極めて小さなスペースがあれば設置可能で、十分な敷地を確保できない市街地などでも威力を発揮するコンパクトな駐輪システムです。

駅に隣接したエコサイクル設置例
2.環境配慮のまちづくりに必須のアイテム

エコロジーな乗り物「自転車」を利用したレンタサイクルなど、各地で新しいまちづくりが始まっています。入出庫ブース以外を地下に収めるエコサイクルは、街の景観を損なうことなく地上を公園に利用するなど環境配慮設計(エコデザイン)が可能です。

景観に調和したエコサイクル設置例1
3.安全性、セキュリティとも万全

エコサイクルはコンピュータ制御による全自動入出庫システムです。センサでの幾重ものチェックにより高い安全性を有しています。また自転車は地下空間に収容されるため、盗難の心配もなくセキュリティも万全です。

景観に調和したエコサイクル設置例2
4.驚異的な入出庫スピードを実現

自転車の入出庫は、ICタグ、ICカード式で、どなたでも簡単に操作できます。出庫時間は平均13秒と短く出庫待ちでイライラを感じることはありません。

ICカードで簡単入出庫

ICカードで簡単出庫

5.ランニングコストも安く経済的

効率的な収容メカニズムとシステム施工による建設工法を採用したことで低コスト化を実現しました。無人の運転システムによりランニングコストも大幅に軽減しています。エコサイクルの“エコ”は、エコロジーのみならずエコノミー(経済性)の“エコ”でもあるのです。

自転車に装着されたICタグ

自転車に装着されたICタグ

6.シンプルな構造でスピード施工

杭材を圧入することで構築される連続壁を、そのまま駐輪場の耐震構造壁として使用することで短工期施工を実現しました。圧入工法は従来工法のような騒音・振動がないため、周辺環境への工事の影響もほとんどありません。

簡単操作で手間要らず

自転車の入出庫操作は、全てコンピュータ制御により自動化され、案内表示と音声ガイダンスで操作手順を案内するので、初めての方や高齢者の方でも簡単に利用できます。また、各種センサ、安全装置によって優れた安全性を有します。

入出庫の動画

入庫操作

1. 自転車を入口扉の前まで押していくと、自転車に装着したICタグに反応して前輪部のシャッターが開きます。自転車を前方に押して前輪を差し込みます。

コサイクルの入庫操作 1

2. 差し込んだ前輪がクランプにつかまれ、自転車が固定されます。固定されたらマットから離れ、「入庫スタートボタン」を押します。

エコサイクルの入庫操作 2

3. 入口扉が開き自転車はブース内に引き込まれ、扉が閉まります。これで入庫操作は完了です。

エコサイクルの入庫操作 3

4. 内部では、自転車を載せた搬器が、空きパレットに向かって旋回しながら下降します。

エコサイクルの入庫操作 4

5. 搬器が自転車を後方に押し出し、空きパレットに収容して入庫完了です。

エコサイクルの入庫操作 5
出庫操作

1. ICカードを「ICカードリーダ」にかざします。

エコサイクルの出庫操作 1

2. マットの外で待機します。

エコサイクルの出庫操作 2

3. 内部では、搬器がパレットに収容された自転車を引き出します。

エコサイクルの出庫操作 3

4. 自転車を載せた搬器は、入出庫ブースへ向かって旋回しながら上昇します。

エコサイクルの出庫操作 4

5. 扉が開いて自転車が押し出されます。アナウンスに従い自転車を受取ります。

エコサイクルの出庫操作 5
ICタグ・ICカードシステム

1. ICタグ、ICカードは非接触で利用できます。磁気カードなどのように汚れによる読み取り不良やカードの折れ曲がりによるカード詰まりはありません。

2. ICタグ、ICカードは10万回以上使用可能で長寿命です。

3. ICタグ、ICカードから固有のIDを読み取り利用者と自転車を識別します。

4. ICタグにより、一度車検した自転車の管理が容易にできます。

ICカードイメージ
ICタグと取付状態
シャッター

当社独自のシャッター機構によりブース開口部は極限まで狭く塞がれています。利用者が自転車を受け渡す際は、入口扉は閉まったままシャッターのみが開きます。ブース内に人が入れないよう最大の安全性を有しています。

シャッター機構

シンプルな構造でスピード施工

杭材の圧入により築かれる圧入杭連続壁が、そのまま駐輪場の耐震構造壁となる合理的な工法を採用しています。当社独自の圧入技術をベースに、プレハブ化と仮設レス化を徹底した工法により、スピード施工を実現しました。

施工ステップ

1. 専用杭材を圧入機で円筒状に圧入して、連続壁を構築します。

エコサイクルの施工方法 1

2. 連続壁に囲まれた内部の土を掘削して、地下空間を作ります。

エコサイクルの施工方法 2

3. 地下空間に機械装置を設置します。

エコサイクルの施工方法 3

4. 入出庫ブースを設置して完成です。

エコサイクルの施工方法 4
躯体構造
躯体構成

1. 外殻部材(ハット形鋼)
エコサイクルの外殻部分に使用するハット形鋼は、主要構造部材として建築基準法に基づく大臣認定を受けた材料です。

2. 上床版、中間リング梁(H形鋼
上床版の格子梁や、躯体内部に配置する中間リング梁には、土木・建築分野で一般的に使用されているH形鋼を用いています。

3. 下床版(RC)
躯体下部の下床版はRC構造であり、ハット形鋼に溶接したスタッドジベルと定着させることで、一体化した構造となっています。

エコサイクルの躯体構成
建築地下外壁用ハット形鋼の認定

ハット形鋼「SM-J295」は、建築材料として認定を受けた製品です。

ハット形鋼の認定書
認定書
ハット形鋼の指定書
指定書
一般評定(構造方法・構造設計方法)を取得

エコサイクルの構造方法・構造設計方法は、(財)日本建築センターより「一般評定」を取得しています。

エコサイクルの評定書
評定書

評定取得:平成23年1月14日

評定番号:BCJ-LS0052-01

評定内容:ハット形鋼を外殻壁に用い、H形鋼中間リング梁を外殻壁に配置する円筒形地下構造物の、構造方法・構造設計方法

環境配慮設計(エコデザイン)

環境に配慮した循環型ライフサイクルを実現

機能本位の機能構造物

時代が変われば社会のニーズも変化し、求められる機能も変化します。その機能が不要となった時、容易に撤去できることが、今後求められる公共施設です。
圧入杭で構成されるエコサイクルの躯体は、施工時の手順を逆にたどり杭を引き抜くことで、容易に原状回復できます。また、引き抜いた杭材は、異なる機能に転用することも可能です。
エコサイクルは、必要な期間に必要な機能を発揮し、不要になれば容易に撤去し再利用できるという、環境に配慮した、機能本位の循環型ライフサイクルを持つ“機能構造物”です。

無駄のないコンパクト設計、市販自転車のほとんどを収容可能

エコサイクル内部のパレットには千鳥配置構造を採用しており、11.9mという極めて浅い地下空間に自転車204台を収容できます。また、タイヤ幅の広いマウンテンバイクや重量のある電動アシスト車、人気の折りたたみ自転車、後カゴおよびチャイルドシート付き自転車など、市販されている様々なタイプの自転車を収容できます。

エコサイクル®仕様※1  2015年5月現在
千鳥配置構造

パレットの各層の高さを半層ずつずらすことで、地下部分を深くすることなく収容能力を向上させました。

エコサイクルの千鳥配置構造
平面図
エコサイクルの平面図
諸元表
諸元表
断面図
エコサイクルの断面図
全体イメージ
エコサイクルの全体イメージ

ECO Cycle 自在な用途

駅やオフィスビル前のオープンスペースに設置して利便性を向上
駅やオフィスビル前のオープンスペースに設置して利便性を向上
地下式と地上式を組み合わせて省スペースで大量収容
地下式と地上式を組み合わせて省スペースで大量収容 その1
地下式と地上式を組み合わせて省スペースで大量収容 その2
地下式と地上式を組み合わせて省スペースで大量収容 その3
入出庫ブースの外観は周辺環境に合わせてデザインすることが可能
入出庫ブースの外観は周辺環境に合わせてデザインすることが可能
入出庫ブースの外観は周辺環境に合わせてデザインすることが可能
エコサイクル、エコパークのデモンストレーションを見学できます。
GIKENエコプラザ

東京都港区港南1丁目6番35号 大同品川ビル1F
JR品川駅港南口(東口)より徒歩7分
デモンストレーションの見学は予約制です。
見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。
工法事業部 地下開発課
Tel. 03-3528-1629 Fax 03-3527-6055
Email eco-design@giken.com

GIKENエコプラザ エコサイクル
GIKENエコプラザ エコパーク
GIKENエコプラザの地図
関連情報