土木技術系
実証科学スタッフ
仕事紹介

実証科学課は、新しい工法や圧入に関わる様々な現象を科学的な立場から実証・検証し、新機種や新工法の開発サポート、論文などを通じて技術を対外的に公表する部署になります。 また、ケンブリッジ大学や東京大学などの研究機関との共同研究も行っています。

実証科学フォト1
仕事で「おもしろい」と感じること

毎年夏に行われるケンブリッジ大学との共同研究では、学生と一緒に実証試験を行っています。 その中で、英語でのコミュニケーションや試験準備など色々と大変なこともありますが、結果が得られたときは達成感があります。

GIKENの好きなところ

「仕事に銘を打て」の社是にもあるように、社員一人一人が仕事に対して真摯で真剣な点です。

入社動機

もともと地学専攻の大学で、就職活動当初は技研の名前も知らない状態でしたが、地元で行われていた合同説明会でふらっと立ち寄ったブースが技研製作所でした。 そこで地下の可視化の話を聞いている中で、「なんて面白いことをしている会社が高知にあるのだろうか!」と思ったことがきっかけです。 そのあと都市部で就職活動を続けていましたが、どうしても技研のことが忘れられず、採用は終了していましたが無理を言って面接の機会を作ってもらいました。

1日のスケジュール
実証科学スタッフのスケジュール
休日の過ごし方

学生時代から鉄道に乗る事が好きで、いろいろな所に出かけています。 社会人になってからは、あまり遠くへは行っていませんが、学生時代は鈍行列車に乗って、日本各地を旅行していました。