土木技術系
工法企画スタッフ
仕事紹介

現在は構造解析を担当をしています。 新しい工法や機械を計画する際、その妥当性を確認する業務です。 解析の手法は、有限要素法の解析ソフトを用いてパソコンでシミュレーションを行ったり、材料力学の知識を用いて手計算を行ったりと様々です。 複雑な構造の場合、解析ソフトを用いますが、それには先ず3次元CADで3Dモデルを作成しなければなりません。 3Dモデルの作成には図面を読む力や立体を想像する力、実際に物を作る時の加工方法など幅広い知識とモデルを丁寧に作り上げて行く根気が必要です。 その後のシミュレーションでは、有限要素法や力学の知識も必要になります。

工法企画フォト1
仕事で「おもしろい」と感じること

開発の初期段階から関わり、重要な判断材料になる業務で責任重大なのですが、その分実際に物が完成した時には感激もひとしおです。 さらに、新開発の多くは構造解析を伴うため、様々な分野に関わることができるのも魅力です。

GIKENの好きなところ

社員全員が同じ目標に向かい、同じ思考方法で同じ価値観の中、仕事をしている所です。 意識の共有が出来ていると実感します。

入社動機

“人を幸せにできる機械を作る仕事に就きたい”という思いがあり、製造業を中心に業界研究をしながら就職活動を行っていました。 その中で、私の地元高知でそれを実現出来る会社があることを知り、それが当社でした。

1日のスケジュール
工法企画スタッフのスケジュール
休日の過ごし方

休日は趣味のバドミントンの練習に行くのが習慣です。 あまり上手くはありませんが、釣りにもたまに行きます。 友人とランチに行ったり、飲みに行ったり、遠出をすることもあります。 連休があれば海外旅行や国内でも航空ショーを見に行ったりと、ほかにも行きたい所が山のようにあります。