工法企画

土木技術系

工法企画スタッフ
工法企画フォト1

仕事紹介

現在は様々なプロジェクトを担当をしています。 新工法企画課では、これまでにない新しい工法を実用化するために、企画、機械設計、実証試験等を行っています。 先ずテーマに基づいた企画から始め、CADを用いた設計・製図、製作した機械の組立確認、実証試験での機能確認、改善業務など他部署と連携して工法実用化に向け完成度を高めています。

これまでのキャリアステップ

入社後、初の配属は設計部門で、機械設計を担当しました。 最初は簡単な機械製図や応力測定等の試験を行い、小さな部品の設計、主部品の設計、機種担当と徐々に業務内容をステップアップしてきました。 入社7年目で新工法開発部に配属となり、機械開発の主担当として業務を行っています。

仕事で「おもしろい」と感じること

もともと機械に興味があったため、それを一から自分で設計できることはとても面白いと感じています。 特に、機械開発において設計は出発点であり責任が重く大変なこともありますが、仲間と意見を出し合いながら問題を解決して、自分で考えたものを具現化できることは非常に面白いと感じます。

GIKENの好きなところ

新しいことへのチャレンジに対して寛容なところです。前例の無い物事に対して積極的にチャレンジできます。

入社動機

地元企業への就職と機械設計をしてみたいという思いがあった中で、就職活動を始めてすぐに学校の担当教諭から紹介されたのがきっかけです。 会社見学では耐震地下駐車場エコパークの入出庫の速さに驚いたのを覚えています。

1日のスケジュール

工法企画スタッフのスケジュール

休日の過ごし方

週末は家でゆっくり過ごすことが多いですが、釣りや買い物に出かけることもよくあります。