機械・電子技術系
機械設計スタッフ
仕事紹介

私は、サイレントパイラーの開発業務を担当しています。 仕事の流れは、企画・立案→詳細計画→3Dモデル作成→構造解析→製図→製造・組立て対応→実証評価→技術資料作成となります。 設計者は、ただ図面を描くだけが仕事ではなく、製品が出来上がるまでの全工程に携わっているのです。 この一連の中で、皆が知恵を出し合いより良いモノ造りを目指して日々奮闘しています。
現在は、最新機種であるF301の開発に携わっています。 鋼矢板を掴んで地中に圧入するチャック部の設計を担当しました。 初めて自分が主体となり開発した製品なので非常に思い入れがあります。

機械設計フォト1
仕事で「おもしろい」と感じること

開発業務の醍醐味は、何と言っても自分の考えが「形になる」ところです。 もともとモノ造りが好きな性分なので、自分の設計したモノが製品として出来上がったのを見ると何とも言い難い感動があります。 もちろん仕事は楽しい事ばかりではありません。 当社は開発型企業なので、新技術を世界に向けて発信する為に、日々挑戦し続けています。 世にない物を形にしていくわけですから、その過程では悩み苦しみ、辛い事の方が多いと思います。 しかし、それを乗り越え生まれた製品が世界中の様々な現場で活躍しているのを見ると、当社技術を誇りに思うと共に、「しんどかったけど頑張ってよかったな~」と嬉しく思います。

機械設計フォト2
GIKENの好きなところ

部署間の敷居が低く、上司であっても分け隔てなくお互いの意見をぶつけ合えるところです。 私の様な若手の意見もどんどん取り入れてもらえるし、出る杭はどんどん引き上げてもくれます。

入社動機

就職活動をしている中、生まれ育った地元高知に貢献したいという思いが強くなっていきました。 その時出会った技研製作所は、独自の技術、純国産建設機械サイレントパイラーを世界に向けて発信している事を知り、直感的に「ここしかない」と感じました。 工法革命を掲げ、業界のテロリストとして躍進する姿を見て、私も技研マンとして世界を相手に仕事がしたい、それが高知を中心とした社会貢献につながり、きっと自分の活躍できる場があると確信し入社を決意しました。

1日のスケジュール
機械設計スタッフのスケジュール
休日の過ごし方

最近の趣味はもっぱらミニ四駆です。 約半年前に会社の先輩数名と一緒にはじめ、月に一度開催される大会にむけて切磋琢磨しながら本気で取り組んでいます。 子供の頃、ミニ四駆に思いを馳せた面々なので熱の入れようが半端ないです。(笑) 皆技術者ということもあり、あれやこれやと改造に歯止めがききません。 差し当たりの目標は、県内の公式大会で優勝することです。 ローカル大会での優勝経験はありますが、公式大会では2位が最高成績なので1位の表彰状目指して頑張っています。
もう一つの趣味は釣りです。 小学生以来ほとんどやっていませんでしたが、ひさびさに同期の仲間とバス釣りに行きどっぷりとはまってしまいました。 去年から磯釣りも始め、ことしは鮎釣りにまで手を出してしまいました。(笑) 仕事が忙しく頻繁には行けませんが、同僚や先輩たちと息抜きをかねて楽しんでいます。